広告運用の最適化とは?自動化が進む広告運用について紹介

「広告運用をやってみたけど全然わからない」
「全然CVが増えないけどどうしたらいいんだろう」

あなたはこのような悩みを持ったことはないか?
このような悩みは広告運用するときに皆が直面する問題だ。

この記事を読むと、広告運用する上で運用方法や大きな効果をもたらす最適化に関して知ることができる。
ぜひ最後まで目を通してほしい。

近年主流になっている「広告運用の自動化」とは?

2018年ごろからWeb広告運用は自動化が進んでいる。
ここ数年で開発された4つの機能は以下の通りだ。

  • 自動入札
  • レスポンシブ検索広告(RSA/RAS)
  • 動的検索広告(DSA/DAS)
  • 広告の自動化ルール

では、詳しく見ていこう。

自動入札

キャンペーンの目的や入札戦略に応じて入札単価を自動調整する機能だ。
入札戦略には、クリック数を最大化させるものやCVを最大化させるものがあり、過去の配信データをもとに1ユーザーごとに適切な入札単価で適応される。

Google

https://support.google.com/google-ads/answer/2979071?hl=ja

Yahoo!

https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=2693

レスポンシブ検索広告(RSA/RAS)

タイトルと説明文を複数入稿し、入稿したアセットを自動的に組み合わせテストを行い最適な広告が配信される機能だ。
検索広告で設定する広告文は、レスポンシブ検索広告が主流になった。
以前までは拡張テキスト広告が使用されていたが、Googleは2022年6月30日、Yahoo!は2022年9月28日に新規入稿、編集が不可能になる。

Google

https://support.google.com/google-ads/answer/7684791?hl=ja

Yahoo!

https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/search/articledetail?lan=ja&aid=81509

動的検索広告(DSA/DAS)

Webサイトのコンテンツに基づいて関連性の高いキーワードに対して、広告のタイトルを自動的に生成して配信する広告だ。
商品やサービスが非常に多くあるECサイトや旅行・不動産ポータルサイトなどは、非常に多くの検索語句があり商品・サービスごとに広告やキーワードを設定することが難しいサイトで活用される。

Google

https://support.google.com/google-ads/answer/2471185?hl=ja

Yahoo!

https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=20994

広告の自動化ルール

運用ルールをアカウントに関連付けることで、指定した設定と条件に応じて、広告ステータスや入札単価などの変更を自動化できる機能だ。
例えば、「品質インデックスが4以下、平均CPCが100円以上のキーワードを停止する」、「CPAが過去30日間で10000円以上のキーワードを停止する」などといったルールをあらかじめ設定しておくと自動で調整してくれる。

Google

https://support.google.com/google-ads/answer/2472779?hl=ja

Yahoo!

https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/search/articledetail?lan=ja&aid=68595

広告運用の最適化のために心がけたい4つのポイント

一昔前までは、広告運用は手動で行わなければならない多くのタスクが自動化によって効率化された。
自動化が普及した現在では、全ての会社が同じ技術を享受しているため競合とどうやって差をつけるかが難しくなった。

差別化のために、広告運用の最適化で心がけたいポイントは以下の4つだ。

  • ターゲットの最適化
  • LPの最適化
  • 予算の最適化
  • CVポイントの最適化

では、詳しく見ていこう。

ターゲットの最適化

広告運用の最適化には、どのユーザーが最もコンバージョンに至る可能性が高いのかを知る必要がある。
そこで覚えておきたいのが、「顕在層」と「潜在層」だ。

詳しく説明していこう。

顕在層を狙う

顕在層とは、自社商品・サービスに対しての興味関心があり、比較検討段階にあるコンバージョン率が高いユーザーだ。そのため、他社との差別化を明確に打ち出した広告が必要となる。
よく使われる広告手段は以下の3つだ。

  • リスティング広告
  • リマーケティング広告
  • SNS広告

潜在層を狙う

潜在層とは、関連する商品・サービスに興味関心があるが、ニーズが漠然としたユーザーだ。
そのため、まずは自社の認知拡大を目的とした広告が必要となる。
よく使われる広告手段は以下の2つだ。

  • タイアップ記事広告
  • ディスプレイ広告

LPの最適化

LPは制作したら終わりではない。
制作したLPを分析し、効果的にCVRを向上させるために改善していく必要がある。
LPの最適化を行うと以下が期待できる。

  • 直帰率の低下
  • 広告掲載順位の向上
  • 品質スコアの改善

Googleが公式で運用ガイドを作成しているので興味がある方はぜひ確認してほしい。

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/resources/landing-page-optimisation/

予算の最適化

どの企業も予算は無尽蔵ではない。
Web広告でどれだけの成果を求めるかで予算を決める必要がある。
予算を決めるには、現在のCPAを把握していなければならない。

目的CVCPA年間広告予算
10000人の新規会員登録新規会員登録¥1,000¥10,000,000

年間広告費用が決まったら、月別の計画に落とし込む必要がある。
業種によって繁忙期・閑散期があり、適切な予算配分をしなければならない。

CVポイントの最適化

コンバージョンが極めて少ない場合、自動入札を使ってもデータが少なすぎるため効率的な運用ができない。
このようなときは、「マイクロコンバージョン」を設定しよう。

元のコンバージョンを「商品購入完了ページ」とした場合、マイクロコンバージョンを「商品購入ページ」とする。
元のコンバージョンポイントよりも前の部分をコンバージョンと定義することで、データを溜めることができ、効率的な自動入札が可能となる。

広告運用に悩みをお持ちなら「アラカルトマーケティングソリューション」をご検討ください

今回の記事で広告運用の最適化には、以下に取り組むことの大切さがわかった。

  • 広告運用の自動化
  • ターゲットの最適化
  • LPの最適化
  • 予算の最適化
  • CVポイントの最適化

ただ、上記の実現には顧客や市場、現状の分析に力を入れていく必要がある。
そこで弊社では、「アラカルトマーケティングソリューション」というサービスを提供している。
本サービスでは、マーケティング領域の上流から下流まで、お客様の課題に合わせて必要なソリューションのみをピンポイントで提供している。

今回であればアドバイザリープランの導入で、以下が実現できる。

  • ターゲットの最適化
  • LPの最適(※別途修正・製作費)
  • 予算の最適化
  • CVポイントの最適化

広告代理店に毎月の運用をお願いするよりも遥かに安い費用で広告運用の最適化が行える。

ご興味があれば、ぜひお問い合わせを。

マーケティング施策をまるで「アラカルト」を選ぶように。

上流だけ・中流だけ・下流だけなど、課題に対して必要なソリューションのみをリーズナブルに提供。費用対効果に徹底的にこだわる方へ。

サービスについて
Ryoji Takada

Ryoji Takada

PDCAをやり遂げプロジェクト収益化まで愚直にやるのは得意分野。2回上場を経験。 BPO領域のコンサルティング及び、WEBマーケティング領域の施策立案や運営/収益化業務に関わる。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP