おすすめのマーケティング・コンサルティング会社まとめ【22社を各社の強み別に紹介】

マーケティング領域は対応範囲が広く、業務によっては社内に最適な人材や体制がないことはよくあることだろう。しかし、DX、AI、SEOなど、スピーディに対応できるかどうかが競合上、ますます重要になっている今、自社で対応できない業務、機能に迅速に対応する手段としてコンサルタントなどのプロ人材を戦略的に外部から活用することは、企業規模を問わず当たり前になりつつある。

とはいえ、マーケティングを取り扱うコンサルティング会社にも、それぞれ得意分野がある。顧客ニーズ理解のための市場調査・分析、課題設定、戦略策定などのいわゆる上流部分から体制構築、運用、PDCAへの落とし込みといった下流部分まで、コンサルティングによって一部領域のみ強いところもあれば、包括的なサービス提供が可能な会社もある。

この記事では、自社の課題・ニーズにあったコンサルタントを上手に選んでいただくための第一歩として、マーケティングを取り扱うコンサルティング会社を各社の得意分野別に分類し、わかりやすく説明したい。

市場/顧客調査・分析、戦略などの上流設計に強いコンサル5社

戦略コンサルは、現状の課題の整理・抽出、戦略・施策立案やKPI設定といった、いわゆる上流設計を得意とする。何から着手してよいか分からないので、まずは自社の優先課題の抽出、戦略策定を依頼したいという企業や、新商品開発にあたってのニーズ把握、あるいは売上が低迷している商品の原因を把握するための市場・消費者調査を行いたいといった会社などには良いだろう。

一方で、構想を練ったら終わりで、実運用にはノータッチというコンサル会社も一部にはあるため、実運用までの依頼を検討したい場合は、対応が可能かの事前確認をお勧めしたい。

1. ボストン・コンサルティング
https://www.bcg.com/ja-jp/

米国に本社を置くトップマネジメント向けコンサルティング会社。経営トップが抱える経営課題解決手段のひとつとしてマーケティング・セールス、顧客インサイトに関するコンサルティングとして、需要を起点とした成長戦略、カスタマージャーニー、顧客データ分析などのサービスを提供。

2. アクセンチュア
https://www.accenture.com/jp-ja/services/interactive/interactive-run-experience

米国発祥の大手経営コンサルティング会社。さまざまな業種・分野に対し戦略、業務、ITなどあらゆるコンサルティングを提供。マーケティングにおいては、「企業がレジリエンスと効率性を高められる新たなマーケティング・オペレーションモデルの設計と構築」支援を掲げ、ブランドをより大規模に、スピーディーかつスムーズに運営するための手法として、コンテンツマーケティング、AIと自動化の実装支援サービスなどを提供。

3.日本総研
https://www.jri.co.jp/service/business5/

シンクタンク、ITサービスに加えてコンサルティング機能を持つ。マーケティング、営業力強化を目的とした顧客の行動分析から、戦略策定、実行支援に至るまで、クライアント課題に応じたトータルな支援を提供。

4. インテージ
https://www.intageholdings.co.jp/

1960年創業のマーケティングリサーチの老舗企業。「企業のあらゆるマーケティング課題に対して、有効な意思決定をサポートするために行う科学的な調査・分析」としての「マーケティング支援事業」を消費財・サービス、ヘルスケア業種に分けて提供。データの加工・分析・活用コンサルティングも提供する。

5. クロスマーケティング
(https://www.cross-m.co.jp/

市場・消費者・顧客ニーズ把握を目的とした調査をメインに行うマーケティングリサーチ会社。データの統合・可視化や、デジタルマーケティングの効果測定調査なども提供。

AI、マーケティング・オートメーション(MA)に強いコンサル3社

次に、マーケティング領域で急速に進むAI、マーケティングの自動化(マーケティング・オートメーション、「MA」)に強いコンサルティング会社をピックアップする。

AIは、ウェブサイトの自動生成、SEO支援、広告投稿などマーケティングのあらゆる場面に応用されている。MAは、膨大な消費者データから確度の高い見込み客をAIを用いて抽出し、営業に繋ぐ役割を果たすことを可能にする。

いずれもマーケティングの効果を早期に、確実に得たい企業には良いが、課題の特定や戦略策定が得意な会社ばかりではないことにも留意したい。

6. サイバーエージェント
(https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24641)

インターネット広告、メディア、ゲームが主要事業ではあるが、2020年5月にマーケティングのDXを推進する専門組織「DX Opportunity Center (ディーエックス・オポチュニティセンター) 」を設立し、自社保有のAI技術、サービス・システム開発のナレッジを活かしたマーケティングのDX化推進を支援。

7. セプテーニ
https://www.septeni.co.jp/

デジタル広告、データ、AIを活用したソリューション提供を通じて、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を総合的に支援。広告クリエイティブの効果予測・要因分析・自動生成、広告予算配分の最適化や、広告効果の因果推論といった、多様なAIソリューションを提供。

8.  アドフレックス・コミュニケーションズ
https://www.ad-flex.com/

顧客企業の課題に合わせて、AIソリューションの活用を含めた事業計画から戦略策定、施策推進まで一気通貫でサポート。リスティング広告の24時間365日最適化、パーソナライズ機能を使ってターゲティングを行うAIパーソナライゼーションプラットフォームなどのAIソリューションを提供。

Webマーケティング/コンテンツ・マーケティングに強いコンサル7社

想定見込み客の興味をひくコンテンツを自社メディア(オウンド・メディア)に継続的に投稿し、顧客から見つけてもらう形で新規顧客を獲得し、ビジネスを成長させるのがコンテンツ・マーケティングだ。

コンテンツ・マーケティングは範囲が限定的で、効果もわかりやすいため、外部のプロ人材を取り入れやすい業務。過去事例なども確認し、自社にあったコンサルを見つけて欲しい。

9. ウィルゲート
https://www.willgate.co.jp/

クライアント企業のマーケティング・データ管理における戦略・実行・分析の課題をワンストップで提供。

10. アイオイクスジャパン
https://www.seojapan.com/about/

日本国内にSEOを普及してきたとともに、今ではSEOのみならず、CRO(コンバージョン改善)をサービスの軸として加え、顧客と伴走し成果を出す本質的なWebコンサルティングサービスを提供。

11. アウンコンサルティング
https://www.auncon.co.jp/corporate/index.html

国内・海外におけるマーケティング支援事業、海外進出支援、グローバルコンサルティング業を展開。SEO、リスティング広告に強み。

12. イノーバ
https://innova-jp.com/

オウンドメディア型コンテンツマーケティング支援やWebサイト制作のサービスを提供。「戦略策定・計画立案」から、「伴走支援」、各種コンテンツの「コンテンツ制作」まで支援。

13. ナイル
https://cont-hub.com/

コンテンツマーケティングでは、3Cの調査に基づき、適切なコンテンツ戦略を立案。継続的なコンサルティングを通じて長期的に良質なコンテンツ運用ができる体制構築を支援。他にも、ウェブサイト運用戦略、SEO戦略設計・運用、ユーザー/Webの調査分析などのコンサルティングサービスなどを提供。

14. EXIDEA
(https://exidea.co.jp/)

SEO・コンテンツマーケティング、動画マーケティング、Web広告運用支援サービスを提供。クライアントがオウンドメディアの運用をインハウス化できるよう、SEO効果の高いコンテンツを誰もが作成できるツールEmmaTools™を提供。自社運用ができるまではSEOコンサルタント(カスタマーサクセスチーム)が伴走。

15. エコンテ
https://econte.co.jp/

“わかりやすく伝える“を重視したコンテンツマーケティング会社。デジタル領域に限定せず、コンテンツ企画制作サービスを中心に広告・プロモーション活動の全体設計、コンテンツ制作、遂行・運用を実施。

マーケティングの上流から下流まで包括的な支援が可能なコンサル3社

マーケティングの課題抽出から、戦略策定、実運用、その後自走できるまでコンサルティング会社に伴走して欲しい企業には、包括的な支援が可能なコンサルをお勧めしたい。

16. アイレップ
https://www.irep.co.jp

博報堂DYグループ傘下のデジタルマーケティング会社。広告代理、クリエイティブが主要事業であるが、マーケティングにかかわるコンサルティングサービスは戦略立案から調査・分析、顧客獲得、クリエイティブなど、施策の運用まで一貫したサービスの提供を行っている。

17. オプト
https://www.opt.ne.jp/

広告代理とマーケティングのソリューションプロバイダー。顧客起点のデータ蓄積・活用、マーケティングのデジタルシフト支援、事業・サービス開発のデジタルシフト支援と、顧客体験の設計からマーケティング活用までを支援。

18. エル・ティー・エス
(https://lt-s.jp/)

コンサルティング、ビジネスプロセスマネジメント、デジタル活用サービスのプロバイダー。DX実現に向けたデータ利活用目的の設定、全体感のある大胆な基盤構想、スモールスタートでの実践、目的を実現するためのデータフローの設計など、企画から運用まで支援。

効果、付加価値の高いSEOを提供する独立系コンサル4社

最後に、SEO(Search Engine Optimization, 検索エンジンの最適化)に強い、独立系のコンサル会社をいくつかピックアップした。SEOは検索エンジンからサイトに訪れる人を増やしWebサイトの成果を向上させる施策で、特定のキーワードで検索した際に自社ページを上位に表示させるようにする仕組みであるが、ここでは付加価値の高い、ユニークなコンテンツづくりと数々の実績を挙げている独立系コンサルをピックアップした。

19. Experience Creative
(https://experience-c.jp/)

マーケティング領域の課題分解/施策立案/KPI策定などの上流からPMまで、大手にはできない結果が出るまでの現場指揮を愚直に実施。人材育成にも定評がある。SEOでは、BtoBのKWDで複数検索トップを獲得した実績を持つ。

20. ファベル・カンパニー
https://www.fabercompany.co.jp/

SEOコンサルティング、コンテンツマーケティング支援を提供。真のSEOは「上位表示」ではなく「集客」と「売上アップ」が目的であるとして、サイト本来の目的を明確にし、そこに貢献することを目指した施策を提案。

21. ウェブライダー
https://web-rider.jp/

「SEOに強く、体験力の高いコンテンツをつくるWebマーケティングパートナー」を謳い、商品やサービスの価値を体験してもらうコンテンツづくりの他、Webマーケティング全般へのアドバイス、既存コンテンツの改善アドバイス、サイトリニューアルの企画立案・制作、ブランディング支援、教育、商品開発、改良支援など幅広いコンサルティングサービスを提供。

22. ウィルゲート
https://www.willgate.co.jp/

中小企業をはじめとしたさまざまな企業にウェブマーケティングのコンサルティングを提供。データ管理における戦略・実行・分析の課題をワンストップで解決。

優れたマーケティングで知られるグローバルブランド企業もコンサルティングを使っている

P&Gやマクドナルドなど、誰もが知るグローバルブランドもマーケティングコンサルをフルに活用している。ここで紹介したコンサル企業は、中小企業も対象にサービスを提供する会社も多い。ぜひ直接コンタクトしてプロの知見を取り入れて欲しい。

Experience Creativeについて

DXの戦略策定から実行まで伴走するコンサルティング会社。迅速且つ柔軟な対応、軽微な予算からの支援が可能など、大手コンサルにはできないサービスを提供。

詳しくはこちら

Tomoko Kato

Tomoko Kato

メーカー、金融、コンサルで、プロマネ、戦略立案経験を豊富に積んできました。課題を引き出し、チームをまとめながら目的実現までリードします。 海外案件も多々手がけてきました。日英どちらでも対応可能です。

最近の記事

  • 関連記事
PAGE TOP