SEO対策の費用・価格相場とは?見積もり取得時の注意点も紹介

「SEO対策を外部の業者に依頼すると費用はいくらかかるんだろう?」
という疑問を抱いている方も多いと思います。
SEO対策の料金は、ホームページ上で価格を公開している業者だけではありません。

そこでこの記事では、SEO対策の内容ごとの費用相場や、実際に見積もりを取る際の注意点について解説します。
SEO対策は経験と知識が物を言う業務です。
ニーズ・予算に合った外部のパートナーを活用して、自社のビジネスの加速に役立てましょう。

お悩み別!SEO対策内容ごとの費用相場をご紹介

​​SEO対策の内容や料金体系は各社さまざまで、会社ごとに提供範囲も異なります。
各会社のSEO対策の内容を分類すると、大きくわけて以下の5つになります。

  • 総合SEOコンサルティング
  • 内部SEO対策
  • コンテンツSEO
  • SEOサイト設計コンサルティング
  • 外部SEO対策

SEO対策の一覧と費用相場の早見表

各SEO対策の費用相場と料金体系の早見表をご紹介します。

メニュー費用相場料金体系
総合SEOコンサル10万円〜50万円月額制
内部SEO対策10万円〜一括支払い
コンテンツSEO30〜50万円記事のみ 数万円〜月額制一括支払い
SEOサイト設計10〜100万円一括支払い
外部SEO対策1〜100万円以上1〜15万円成果報酬制月額制

実際の金額は、サイトの規模や実施期間、提供会社によって異なります。
次によくある自社の課題ごとにどんな対策が適切か、その費用感を確認しましょう。

SEO対策の担当になったけれども、何から手をつけたら良いかわからない

「総合SEOコンサルティングサービス」が良いでしょう。
その名の通りコンサルティングサービスなので、SEO全般に関する相談に乗ってもらえます。

  • 費用相場:10万円〜50万円
  • 費用体系:月額制

価格は、業務内容によって変化します。

  • コンサルティング内容(サイト規模、作業ボリューム等)
  • SEOコンサルティング会社の知名度・実績
  • コンサルタントの稼働時間・質

SEO対策はすぐに効果が出るものではなく、最低でも半年ほど見る必要があります。
そのため、コンサルティング会社の中には、最低契約期間(6ヶ月〜等)を設けている場合もあります。

質の高いコンテンツ(記事)はあるがアクセスが増えない

「内部SEOコンサルティング」を使い、SEO対策を施しましょう。
内部SEOとは、サイトの内部構造に対してSEO対策を行うものです。
具体的には、Googleの推奨するソースコードや各種設定を行い、検索結果に表示されやすいサイト構造にします。

  • 費用相場:10万円〜
  • 費用体系:一括支払い

ウェブサイトの規模が大きいほど費用は上がります。
運用している自社サイトを見てもらい、改善事項に沿ってサイトの修正・運用を自社で行ったり委託したりします。

新しい商材の流入を増やすためコンテンツ(記事)を増やしたい

「コンテンツSEO対策」を活用し、SEO対策を行うことができます。
具体的には、商材に関連する記事を用意し、検索上位表示を狙います。

  • 費用相場:30〜50万円(記事のみ 数万円〜)
  • 費用体系:月額制(一括支払い)

全くゼロから始める場合、以下のアクションが必要になります。

  • サイト方針策定・キーワード調査等
  • 記事企画・構成作成
  • 記事執筆・リライト
  • サイト構築・運用・保守

価格は、どの業務を外注するかで異なります。
記事執筆だけなら記事単価(数万円〜)だけで外注可能です。
方針策定やキーワード調査などコンサルティング要素が入ると費用が上がります。
自社でサイトを持たない場合、サイト構築から支援をしてもらうパッケージもあり、その分の費用が上乗せされます。

新商品やサービスのためにSEO対策されたサイトを作りたい

「SEOサイト設計コンサルティング」を使い、SEO対策を施されたサイトへリニューアルします。
新しくSEO対策をされたサイトの立ち上げをする場合にも有効です。

  • 費用相場:10〜100万円
  • 費用体系:一括支払い

価格は、制作ボリュームによって変化します。

  • 制作するウェブサイトの規模・ページ数
  • リニューアルに必要な工数・ページ数

大規模なウェブサイトをリニューアルする場合、費用は総額500万円を超える場合もあります。

短期間のイベントや集客が必要なので検索上位を狙いたい

「外部SEOコンサルティング」という手段があります。
外部SEO対策とは、サイトへの被リンクを増やしGoogleのアルゴリズムに対して、有益なウェブサイトであると認識させ検索順位をあげる手法です。

  • 費用相場:1〜100万円以上/1〜15万円
  • 費用体系:成果報酬型/固定報酬型

注意点は、Googleのポリシー上「お金を払って外部リンクを購入することは禁止」されていることです。
サービスの利用を検討する場合、ポリシーに抵触する可能性はないか確認しましょう。
期間限定で上位表示を狙いたい場合は、リスティング広告を出して上位枠を購入するのがおすすめです。
おおよその入札単価は事前に予測がつき、検索枠より上位表示することができます。

SEO対策費用の見積もりをもらう際の注意点

SEO対策費用の見積もりをもらう際の注意点をご紹介します。

同じ内容で2社以上から見積もりをもらう

依頼したい内容を定義し、2社以上から見積もりを取得します。
見積価格について質問をすることで、相場感を把握するとともに、信頼できる会社か確認できます。

これまでの実績を確認する

過去のサービス提供実績を確認しましょう。

  • 自社と類似した業界へのサービス提供実績
  • 自社と同規模のサイト規模・キーワード規模の会社へのサービス提供実績
  • 担当するコンサルタントの経験年数・実績

安すぎる見積もりにも注意が必要です。
実績や経験の浅い事業者にSEO対策を任せ、お金を無駄にしないよう注意しましょう。

価格に含まれているサービス、含まれていないサービスを明確に

見積もりをもらった後、「この料金に含まれていないものは何ですか?」と確認するようにしましょう。
以下のように、発注内容に含まれていなくて困ってしまうケースがあります。

  • コンテンツSEO:記事納品後のリライトは含まれておらず、自社で対応が必要になった
  • SEOコンサル:対面打ち合わせは費用外で全てオンライン打ち合わせのみだった
  • 内部コンサル: 修正指示書だけ送られてきて、実際に修正まで責任を持ってくれなかった

SEO対策はGoogleと切れない関係であることを覚えておこう

見積もりを取る際には、SEOの基礎知識を持つことが大切です。

日本の検索エンジンの9割以上はGoogleエンジンツール

Statscounterによると、日本の検索サイトシェアの約76%がGoogle、約16%がYahoo Japanです。
今やYahoo Japanも裏ではGoogleの検索エンジンを使っており、2社を合わせるとシェアは約92%です。
「SEO対策をすること=Googleの検索エンジンを攻略すること」、といっても過言ではありません。 

SEO対策会社は過去の経験則からノウハウを提供している

Googleはどのような点を考慮して検索順位を変動させているか、そのアルゴリズムを公開していません。
その一方で、ウェブサイトをGoogle検索結果に表示させるためのガイドラインを一般公開しています。
全てのSEO対策会社はアルゴリズムを知っているわけではなく、ガイドラインを参考に対策をしていることを心に留めておきましょう。

Googleの使命「世界の情報を整理して誰もが便利に利用できるようにすること」

Googleのガイドラインは不定期にアップデートされています。
それは、Googleの中の人が同社の使命を達成するため日々改善しているからです。
SEO対策で最も効果的なことは「ユーザにとって有益なコンテンツを提供すること」であることを忘れてはいけません。

基本知識を身につけ、最適なSEO対策を施そう

本記事で紹介したように、SEO対策は費用相場が公開されておらず、依頼内容によっても金額が異なります。
SEO対策を外注する際に、適正価格を知るためにもSEO対策の基本知識を身につけて見積もりの取得・発注をすることが大事です。
SEO対策を外注することで、知識と経験、マンパワーを手に入れ、ビジネスを加速させましょう。

マーケティング施策をまるで「アラカルト」を選ぶように。

上流だけ・中流だけ・下流だけなど、課題に対して必要なソリューションのみをリーズナブルに提供。費用対効果に徹底的にこだわる方へ。

サービスについて
Ryoji Takada

Ryoji Takada

PDCAをやり遂げプロジェクト収益化まで愚直にやるのは得意分野。2回上場を経験。 BPO領域のコンサルティング及び、WEBマーケティング領域の施策立案や運営/収益化業務に関わる。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP