Webマーケティングの業務委託とは?費用相場を公開!委託先の選び方まで詳細解説

・Webマーケティングを業務委託したいけど、費用相場ってどれくらい?

・どんな会社に業務委託をすれば、失敗しないのだろう?

こんなお悩みを抱えている方も多いと思います。
意外とこのような情報はインターネット上に出回っていません。

この記事では、Webマーケティングを業務委託するにあたって必要な情報、業務内容や費用相場、委託先の選び方まで詳細解説していきます。

なぜ多くの会社はWebマーケティングを業務委託するのか?

大企業から創業間もないスタートアップまで、多くの企業でWebマーケティングを外部委託したいという声を聞きます。

自社内にWebマーケティングの知見がある人材がいない、少ない

そもそもWebマーケティングに適した人材が社内にいない場合が多いです。特に中小企業の場合は社長がマーケティング担当を兼務しており片手間になっている場合もあります。

自社内のリソースが手一杯でWebマーケティングに人をさけない

一口にWebマーケティングと言っても、上流(戦略)から下流(制作・運用)まで業務内容は幅広く、それぞれに高度な知識と経験が必要になります。既存のメンバーに経験者がいる場合でも、片手間で対応できる業務量ではないことが多いです。

社員を雇う時間や費用がない、採用ミスマッチのリスクがあり採用に慎重

新しく人を採用するには求人募集、面接、入社とプロセスを踏む必要があり、時間とお金がかかります。さらに、一度採用をしてしまうとスキルのミスマッチや自社の方向転換があっても簡単には解雇できないリスクがあります。

Webマーケティングの業務を遂行するにあたっては、社内に適した人材がおらず、適した社員を採用するためのお金と時間もかけられない場合があります。そのような場合には、外部の力を借り業務委託をすることで専門的な知見を得ることができます。

Webマーケティング業務、どんな仕事を業務委託できる?

一口にWebマーケティングの業務といっても、上流(戦略)から下流(制作・運用)まで幅広い業務があります。

マーケット調査や戦略策定の業務(アドバイザー型)

主にコンサルティング会社が提供しているサービスです。

提供されるサービス

現状分析、課題抽出、戦略立案、改善提案等

こんな課題がある場合にオススメ

マーケティングの知見がある人材がいないので検討段階からアドバイスが欲しい今までのやり方では頭打ち、外部の新しいアイディアを取り入れたい

Web制作・広告配信業務(運用・レポート型)

主に広告代理店や制作会社が提供しているサービスです。

提供されるサービス

SEOマーケティング、オウンドメディア運用(コンテンツマーケティング)、SNS/Web広告運用等

こんな課題がある場合にオススメ

商品と戦略はあるが、実稼働する人員が足りない
広告運用の成果が出ないので、まるごと専門家に任せたい

Webマーケティングを業務委託する場合の費用相場

業務委託する場合の費用の考え方、アドバイザー型のコンサルティング業務と運用・レポート型のWeb制作業務を委託した場合の費用相場について見ていきます。

費用の決まり方は「単価」×「稼働時間」

Webマーケティングを業務委託したい場合の費用は、依頼をしたい業務の単価(スキル)と稼働時間(業務量)で決まります。企業への委託、フリーランスへの委託と形態は様々ですが考え方は共通です。

Webコンサルティング業務(アドバイザー型)の費用相場

担当者の経験年数時間あたり単価
経験3年未満3,000円〜5,500円
経験3-6年4,000円〜7,500円
経験7年以上5,500円〜

※エクスペリエンスクリエイティブの過去取り組み実績による相場

モデル費用
条件:経験7年以上のシニア層に週5時間ミーティングに参加してもらう場合
費用相場:11万円/月〜(5,500円/時、20時間/月)

Web制作・広告配信業務(運用・レポート型)の費用相場

担当者の経験年数時間あたり単価
経験3年未満1,700円〜4,000円
経験3-6年3,000円〜6,000円
経験7年以上5,000円〜

※エクスペリエンスクリエイティブの過去取り組み実績による相場

モデル費用
条件:週3日、経験3-6年のミドル層に常駐してもらった場合
費用相場:27万円〜54万円/月(3,000円/人、90時間/月の場合)

これらの他に、流行りのコンテンツマーケティング(オウンドメディアの制作・運用)を検討している場合もあると思います。上に記載した稼働ベースの費用に加え、サイト構築の初期費用や記事単位で費用が発生するため個別に確認が必要です。

業務委託先にはどんな企業がある?それぞれの特徴は?

コンサルティング会社

市場調査や戦略策定に強く、どのような方向性でマーケティングをしていけばいいかを示してくれます。自社にない視点を取り入れられるなどのメリットはありますが、実際の運用まで行なっていない会社もあります。

広告代理店

マーケティング戦略が決まっている場合、それに沿った広告運用を任せることができます。規模が大きい代理店は、実際の運用を制作会社・運用会社に再委託している場合も多く、担当者が細かい点まで把握しきれてないこともあるので注意が必要です。

Webマーケティング会社

市場調査から広告運用まで一気通貫で手がけている企業があります。会社としての規模は大きくなくとも、Webマーケティングに特化して過去の経験やナレッジを貯めています。
一方、市場にプレイヤーが多くそれぞれ得意な分野や領域が異なるため、過去の実績や提案内容を聞き適切な委託先を判断する必要があります。

フリーランスのWebマーケター

フリーランスのWebマーケターに業務委託をすることで、即戦力としての活躍が期待されます。一方で、本当に適切なスキルを持った人材か見極める力が必要になります。

費用相場は委託内容によって異なる 自社の課題にあった委託先を選びを

Webマーケティングを業務委託する際の費用は、委託内容や委託先企業によって大きく異なります。
委託をするにあたっては、以下の点が重要になります。

  • 自社がどのような状況にあり、何が課題なのかを理解すること
  • 課題にあった委託内容、業務委託先を選ぶこと

この記事を読んで「そもそも自社の課題特定からできていない」という方もいると思います。そのような場合は、Webマーケティングのコンサルティング業務〜広告制作・配信・レポートまで一気通貫で請け負っている会社に相談してみることもオススメです。

当社では「CMO&PMO マーケティングソリューション」を提供しています。
マーケティング戦略にお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

マーケティング施策をまるで「アラカルト」を選ぶように。

上流だけ・中流だけ・下流だけなど、課題に対して必要なソリューションのみをリーズナブルに提供。費用対効果に徹底的にこだわる方へ。

サービスについて
Ryoji Takada

Ryoji Takada

PDCAをやり遂げプロジェクト収益化まで愚直にやるのは得意分野。2回上場を経験。 BPO領域のコンサルティング及び、WEBマーケティング領域の施策立案や運営/収益化業務に関わる。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP